卒業記念品に印鑑を贈るのは非常に合理的です。

印鑑文化は日本独自の文化と言われます。外国では代わりにハンコの代わりにサインが用いられています。しかし日本ではいろんな契約をする際にハンコを打たなくてはなりません。さらに、賃貸契約を結ぶなど大きな契約の際などには実印が求められます。実印は、非常に責任を伴うハンコになりますから、そこらへんで売られている三文判では心もとありません。ある程度、高級なハンコが必要となるわけです。そういったわけで、これから社会人となる方に対して、卒業記念品として印鑑を贈ることは非常に合理的と言えます。その方にとって、確実に今後必要となるものだからです。もちろん実印として使ってもらう可能性が高いので、ある程度高級なものでなくてはなりませんが。その方が自分にとって身近な人であれば、印鑑を贈る際に、これはある程度高級なものであること、実印に使用すればいいこと、今後は社会人として責任ある行動をとらなくてはならないことなどを併せて伝えれば、その方に社会人として自覚を促すこともでき、一石二鳥になるのではないでしょうか。

卒業記念品にもらった印鑑を使っているようです

結婚してはや3年ほど立ち、もう旦那方の苗字もなれたものですが、結婚当初は、いろいろとなれなくて、戸惑っていたのも今はもういい思い出です。結婚して苗字が変わると、免許書など、色々な機関に登録してある自分の名前を変えなければいけないので、まる一日くらい色々なところを駆けずり回ってた記憶があります。だいたいそういう時に必要なのが印鑑なのですが、新しく作るのもめんどくさいなと思っていたところに、旦那がこれを使いなよと言って出してくれたのが、旦那が高校卒業時に卒業記念品としてもらったらしい印鑑でした。10年以上は余裕でたっているはずなのですが、変に物持ちがよくて助かりました。卒業記念品だけあって、なかなかしっかりしたものでした。流石にケースの中の朱肉はもうボロボロになっていたので、ケースだけ交換して今は私用として使っています。

卒業記念品は印鑑がおすすめ

中学生の卒業記念品は印鑑がお奨めです。高校生にもなると自分の通帳を作ったり、何かしら必要とすることが徐々に増えてくるので、実印になりそうな印鑑を貰えると嬉しいと思う人が多いです。まとめて注文すると、大型割引などもあるので個人で作るよりは安く良い品を作ってもらえることができます。三文判のようなものではなくて、きちんとした実印を先に作っておくことで、一生大事に使うことができます。記念品で悩んでいる場合は、インターネットで情報を参考にすると印鑑製作についてたくさん掲載されているので参考にしてみると良いです。かさばらないものなので、持ち帰る時も小さくて楽なのでかなりオススメの商品です。色や形、大きさなど様々なタイプがありいろいろな組み合わせをして作ることができるので、気になる場合は問い合わせをしてみると良いです。